CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 『〜しゅうくんかぞくの しあわせレシピ〜 つきみだんご』 | main | 『作家合同サイン会まつり』に参加します。 >>
デビュー20年目

1999年に「あの金で何が買えたか」

(小学館・村上龍)で、イラストレーターとしてデビューし、

今年は20年目の節目の年。
さらに絵本作りに力を入れていきます🎶
今年も引き続きどうぞよろしくお願いします🙏

デビューしたのは、20歳で大学3回生。

ある日、村上龍のファンだと言っていた私に

友人が大阪で講演会があると教えてくれました。

少しずつインターネットが普及してきた頃でしたが、

アナログな時代。

彼女が見たという広告を見るため、

阪急電車に乗りに行きました。

車内で講演会情報をメモし、往復ハガキで応募。

見事当選しました。

方向音痴の私は、迷って遅れたら大変!と

前日に講演会のあるホテルへ下見。

案の定、2時間迷い何とか到着しました…。

当日。

また迷ってはいけないと、かなり早く家を出たのですが、

今度は早く着きすぎ。公演2時間前に到着。気合い入りすぎです(笑)

で、公演終盤にあった質問コーナーで、

ファンレターを渡し、ふわふわした気持ちで帰ったのでした。

そして、数日後。

一本の電話がかかってきました。

講演会を主催したホテルからです。

「村上龍さんがお仕事を一緒にされたいそうです。

連絡先を出版社に教えてもいいですか?」というもの。

私は、その時寝てて、

その電話で起きたため、半分夢の中、

ただ「はい」と言って電話を切りました。

ファンレターには、名前しか書いていなかったため、

編集者の方が、名前を手掛かりに、

講演会を主催したホテルに問い合わせたそうで、

そんな電話がかかってきたのでした。

ファンレターと一緒に学祭で販売しようと思っていた、

絵をプリントアウトしたポストカードを同封したのですが、

その絵を村上龍さんが気に入ってくださったそうで、

仕事の依頼をいただきました。

『あの金で何が買えたか』にはじまり、

『13歳のハローワーク』など、

数多くお仕事をご一緒させていただくことになりました。

ご縁に感謝です。

| 日常 | 17:01 | - | - |