CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
「ウレシカ・フリーマーケット2017」に参加します

西荻窪にあるURESICA(ウレシカ)で開催される

フリーマーケットに参加します。

イラストレーター、絵本作家、編集者の方などなどが、

雑貨、古本、服、食器、わけあり商品など出品されます。

会場に私はおりませんが、数点出品予定♪

 

「ウレシカ・フリーマーケット2017」

5月5日(金祝)・6日(土)12時〜19時

>>URESICA(ウレシカ)

| お知らせ | 00:59 | - | - |
M-マルシェに参加します

 

 

M-マルシェに参加します。

2017年4月23日(日)12:00〜18:00

*16:00頃に私は閉店予定。*雨天中止。

三鷹市の中央通りにて。

(JR三鷹駅の南口を出てまっすぐ伸びる通りです)

 

私は食育すごろく「たべるぼうけん」や雑貨などを販売します。

M-マルシェでは野菜や手作の雑貨、

お菓子など売るお店が出店しているので、

ぶらっと散歩がてら、ご家族やご友人と

遊びにいらしていただけると楽しめるかと思います♪

| お知らせ | 04:07 | - | - |
新潟県民エフエム放送(FMPORT)

2017年4月30日(日)

新潟県民エフエム放送(FMPORT)

小方恵子さんナビゲート『Ladybird』の

『今週の絵本』コーナー(午前10:20〜(約15分)にて

『へたなんよ』光村教育出版 ひこ田中・文 はまのゆか・絵

の読み聞かせが朗読されるれ、

リスナープレゼントとして『へたなんよ』が番組内で

聴取者プレゼントされる予定です♪

 

| お知らせ | 04:06 | - | - |
<<母の日企画>>

<<母の日企画>>

 

母の日に感謝の気持ちを伝えませんか?

 

「mamechan」の本

*「THANK YOU VERY MUCH」カード&封筒1セット

*mamechanポストカード7枚

上記まとめて、限定1セット3000円(税・送料込み)で販売します。

 

ご購入ご希望の方は

yuka@hamanoyuka.netへ件名を「母の日企画」とし、メールください。

*2017年5月1日(月)13時、締め切り。

*購入お申し込み下さった先着1名の方へ、

お名前、ご住所、電話番号を問い合わせるメールを返信させていただきます。

*発送はレターパックライトになります。

*お支払いは銀行振込となります。

| お知らせ | 13:00 | - | - |
子育て新聞「育メンスタート講座」発行

子育て新聞「育メンスタート講座」発行しました。

 

三鷹市にある子ども家庭支援センターすくすくひろばにて行われた

「育メンスタート講座」取材させていただきました。

記事ご覧いただけると嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします♪

 

>>子育て新聞

| お知らせ | 05:08 | - | - |
「それで君を呼んだのに」に参加します

「それで君を呼んだのに」に参加します。

 

この展覧会は4回目になりました。

忌野清志郎さんのお誕生日の4月2日から命日の5月2日まで、

絵本の読める小さな喫茶店SEE MORE GLASSで、

清志郎さんを想う、絵や言葉などの小さな展覧会が行われます。

今回、私は「スローバラード」をモチーフに絵を描き下ろしました。

 

2017年4月2日(日)〜5月2日(火) 

12:00〜18:00(平日)

14:00〜18:00(日)土定休 

 

<参加者>

荒井良二/植田真/竹中直人/細馬宏通/マツヤマ・アキオ

安食史子/角田光代/かみじまあきこ(美篶堂)/後藤美月

田村セツコ/はまのゆか/やまぐちめぐみ/矢野顕子and more …

 

>>SEE MORE GLASS

| お知らせ | 05:06 | - | - |
「読んで作って遊ぶ!本と紙」に参加します

「読んで作って遊ぶ!本と紙」に参加します。

本と紙の魅力をあなたといっしょに味わう一ヶ月

2017421日(金)〜517日(水)

 雑貨店おやつ

 11:00〜18:00

※金曜日のみ 〜20:00 

<期間中のお休み

4月27日、5月4日、11日>

 

食育すごろく「たべるぼうけん」

「九九をとなえる王子さま」(サイン入り)販売くださる予定です。

 

「九九をとなえる王子さま」

 

「たべるぼうけん」

 

| お知らせ | 05:05 | - | - |
『BOOK Cafe』

『BOOK Cafe』

2017年3月26日(日) 

13:00〜15:00

 

学生時代の作品や絵本作家・イラストレーターになったきっかけ、

最近のお仕事のお話などさせていただく予定です。

ぜひいらしてください♪

どうぞよろしくお願いいたします。

 

●場所(会場)

京都精華大学 情報館 2Fコミュニティスペース

〒606-8588

京都府京都市左京区岩倉木野町137

 

●アクセス

叡山電鉄、または京都バス等公共交通機関をご利用ください。駐車場はございません。

当日、スクールバスの運行はありませんので、ご注意ください。

●申込方法

下記アドレスに、必要事項を明記の上お申し込みください。

・お名前

・メールアドレス

・電話番号

宛先:kslib*kyoto-seika.ac.jp (*を@に変えてください)

※メールの件名は「ブックカフェ参加申込み」とご記入ください。

※参加は先着順となります。お申し込みが多数の場合は、抽選となります。ご参加していた

だけない場合は、3月17日(金)頃メールにてご連絡させていただきます。

※受付、並びにお問い合わせは、メールのみとなります。電話・郵便では受付できませんの

でご注意ください。

 

 

| お知らせ | 03:06 | - | - |
へたなんよ

「へたなんよ」

ひこ・田中 文 はまのゆか 絵

光村教育図書

 

>>amazonで購入

 

NEWS

2017年4月30日(日)

新潟県民エフエム放送(FMPORT)

小方恵子さんナビゲート『Ladybird』の

『今週の絵本』コーナー(午前10:20〜(約15分)にて

読み聞かせが朗読されるれ、

リスナープレゼントとして『へたなんよ』が番組内で

聴取者プレゼントされる予定です♪

 

<<絵本「へたなんよ」原画展>>

 

2017年6月19日(月)〜27日(火)

12〜19時。土曜・最終日は17時まで。25日(日)休廊。

*6月24日(土)12〜17時、はまのゆか在廊予定です。

 

GALERIE CENTENNIAL

大阪市中央区大手通り1-1-10 

TEL06-6943-4060

 

ひこ・田中さんがおはなしを書かれました絵本

「へたなんよ」の絵を担当させていただきました。

おばあちゃんと孫のほのぼのした日常を鉛筆と水彩絵の具を使用し、

柔らかいタッチで描きました。

また、会場ではmamechanなどの原画を展示販売いたします。

久しぶりの大阪での原画展になります。

ぜひぜひ会場にお立ち寄りいただけると嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「祖母からの手紙」

 

おばあちゃんと孫の女の子、ネネとの日常を描いた絵本、

「へたなんよ」(文はひこ・田中さん)が完成したら

祖母にプレゼントしようと思っていた。

しかし、それは叶わず祖母は昨年の春に旅立った。90歳だった。

 

祖母とは生まれてから大学進学で一人暮らしをはじめるまで

一緒に大阪で暮らしていた。

祖母は面倒見がいいというか、世話好きな人。

服をほとんど買わない私に、

よくコートやバッグなど買ってきてはプレゼントしてくれ、

実家に帰ると食事の後は

「おばあちゃんが洗うから、お風呂に入っておいで」と

私は上げ膳据え膳状態。

また、私に子どもが生まれると、

泣く子を抱っこしてあやしてくれたり。

 

私が大学時代、祖母は離れて暮らしはじめた私の身を案じ、

毎日のように心配で電話をかけてきた。

今のようにSNSなどで気軽に何をしているか確認できない時代、

きちんとご飯を食べているか、

病気をしていないか気が気でなかったのだろう。

でも、私はその優しさをおせっかいと感じ、

「もうかけてこないでっ!」と突っぱねることもあった。

もう少し大人扱いされたかったが

祖母からはいつまでたっても小さい孫だった。

自分に子どもができ、

祖母の気持ちもちょっぴりわかってきた。

 

昨年3月6日。祖母の誕生日。

入院している祖母へ絵本「へたなんよ」のラフを送った。

電話でお礼の言葉をもらったが、声に張りはなかった。

それから数日後、

子どもを連れお見舞いに行ったのが最後の別れとなった。

父母の話では、ここ最近は話しかけても目をつむったまま。

返事は小さくコクリ、と頷く程度と言っていた。

 

ところが私が病室に入り、

声をかけて手を握ると祖母は目を開け、

「冷たい手やねぇ」と呟いた。

祖母の手は確かに私よりあったかかった。

そいうこうしているうち、

行き慣れない病院だったこともあって子どもが「もう帰るー!」…。

すると、祖母が手を伸ばし、おいでおいでしはじめた。

どうやら、ぐずる子どもをあやそうとしているようだ。

いやはや。食べられなくなって、歩けなくなって、病人になって。

寝込んでいるというのに。

自分のことより人のことを心配する祖母らしいなぁと感心した。

 

絵本にはおばあちゃんが手紙を書く場面が出てくる。

その手紙は筆まめだった祖母が私に送ってくれた手紙を引っ張り出し、

祖母の書体を見よう見まねで書いた。

 

偶然にもこの絵本が出版されたのは3月、

祖母の誕生月だ。

もう直接渡せないが

良い誕生日プレゼントになったと思った。

 

 

| お知らせ | 09:20 | - | - |
第92回「朝日チャリティー美術展・東京展」に参加します

第92回「朝日チャリティー美術展・東京展」に参加します。

「もちろん大きい方が、私の」というイラストを

1点寄贈させていただきました。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

第92回「朝日チャリティー美術展・東京展」

2017年3月3日〜6日

東京・松屋銀座8Fイベントスクエア

主催・朝日新聞厚生文化事業団・朝日新聞

 

>>朝日新聞厚生文化事業団

| お知らせ | 09:53 | - | - |
| 1/32PAGES | >>